鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

2017.5.27. Sat. 過去30 楽しかったPTA委員会

夫は大病して不安の種はあるものの、定期検診受けながら普段の生活に戻っていった。

 

下の子供たちが中学校に入学してPTAの委員をひきうけることになった。

長女が小学生の時に一度引き受けたきり、以降は断り続けていたけど、推薦もあったし、子供がお世話になるのだから子供のためにと思って引き受けた。

 

一年目は学級委員。

 

二年目は広報委員。→この時から月に一度一時間程の運営委員会や年2回の親睦会に出席。

 

三年目は本部役員の副会長。

 

この頃にはママ友始め教職員とも親しくなり、3年間勤められた校長先生ともいい関係が築けた。

当時のPTA会長も温厚な方で、このままサヨナラするのは惜しいので「校長を囲む会」を発足させよう!って会長の声かけで飲み会が開かれた。

 

そして次男だけが在学中、新しい校長のもと、会計監査で本部役員に残った。

繋がりは増えていく。

楽しい!

 

ずっと母に指図され、ずっと夫と一緒に行動していた私が一人の時間を持つ。

 

解放感は確かにあった。

 

しかし心の中では母や夫の顔色を覗いていた。