鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

2017.6.1. Thu. 過去34 別居の日

別居することをまず子供たちに伝えた。

胸が痛い。ちぎれそうだった。

子供たちは仕方ないかなと思いつつ、つらかったはず。

その時の事を思い出すと今でも息苦しくなる。

 子供たちも父親の異常性には多少気づいていたと思う。

 

母にも伝えた。

「あんたたち夫婦の問題。夫婦で決めたらいいやん。私には関係ないし好きにしたら?」

 

あっ、そう。

じゃあそうさせてもらう。

 

これも後になって思ったことだけど、

長年母と関わってきて何だかんだ言っても母のそばから離れたことのない私が、まさか母を置いて出ていくわけがない。

そう思っていたのかもしれない。

 

そして私は家を出た。

誰にも引っ越し場所は伝えなかった。

子供たちには伝えたかったけど、万一夫に知られることが怖かったから。

 

送り出してくれた子供たちを思い出すたび今も泣いてしまう。