鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

好きなものだけ

私はひきこもりなので、家のなかでできる事はと言えば限られる。

 

とは言っても家事があるじゃないか!

 

そうなんだよねぇ。

やることいっぱいあるのに体が動かない。

薬も「やる気を起こさせる」サインバルタを2錠飲んでいる。

 

だけどやっとできるのは洗い物とお風呂掃除。

 

世間から見ると勝手気ままなお気楽主婦なんだろうな。

 

私も昔は精神的な病に対しては「甘えてるだけ」と厳しい目で見ていたのかもしれないな。

 

眠たい時は眠って、何もしたくないときはしなくていい、好きなことだけやっておいてください。なんて医者に言われて、自分にベクトルが向いてしまって見放されたのかも?なんて思って落ち込んでしまうことがある。

 

今はこれでいいんだと思って好きなことだけするようにしている。

 

スマホのアプリでゲームしたり読書したり。

 

 

読書と言っても、これまた好きだと思うものだけ。ミステリー、サスペンス等が好きで読んでいる。

 

そしてブクログに登録して管理して楽しんでいる。


f:id:amgmc:20170614124046j:image

 

レビューは書かない。昔から感想文などでも大の苦手だったから。

 

おもしろかった。つまらなかった。これがやっとだ。

 

本の紹介ができる人は尊敬する。

 

私は自分の好みで☆をいくつつけるかだけで満足している。

 

今日読み終わったのは


f:id:amgmc:20170614124503j:image

ショートで気軽に読める。オチが決めてのものばかり。泣いてしまったものもある。

 

 

私は文庫しか買わない。

それもまとめ買いする。

本がなくなると気持ちが追い込まれるから。

新しいものから古いものまで、タイトルでゾクっときたものを選んでいる。

 

 

読了後は、

ある程度溜まってきたら買い取ってもらう。

それも集荷してくれるサービスのもの。

 

自分ではわざわざ行けないので。

 

文庫は安い値段でしか引き取ってはくれないけど、次の本を買うときの足しにはなるかな程度で考えている。

 

さて次はどれを読もうかな。