鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

破産管財人から

主人宛に地裁から郵便が届いた。

 

内容は、主人からお金を借りてる知人の破産管財人からのもので、管財業務の中で配当可能な状況になった知らせと、それに関わる破産債権届出書なるものを提出してくれ。

 

と言うものだった。

 

弁護士の話によると、この書類を提出しても

他に債権者が多くいたり、額が多かったりすると、こちらの配当金額はあってないようなものだと。

 

 

一応、主人は書類を提出し、債権調査期日には出頭する予定でいる。

 

 

一昨年から支払いが滞り、連絡もつかない状況で主人は相当怒っていた。

 

一言あれば. . 

 

他の人はもっと額が大きいのだろうな。

けれど、口で600万円と簡単には言えない。

 

でも、連絡が途絶えて破産宣告を申請したと言う知らせが届いた時点で、一度目の前真っ暗になり呆然としたけど、気持ちは切り替えた。

 

  

前の記事↓↓↓ 

 

 

リアルタイムでは知人との会話は無理だけど、一言は言ってやりたい!との主人の思いは止めるつもりはない。

 

 

けど、前向いて行こう!