鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

ご飯がない

認知症の母から「お腹すいた。でも昼ごはんがない。我慢したらいいの?」と電話がかかってきました。

 

 

現在の母の症状は、見た目では動作が遅く、感情が乏しいです。

 

その場にいるだけではすぐに認知症だとはわかりません。

 

ただ少し前に比べて日にち曜日がわからなくなっています。

 

ここ数日では数字がわからなくなってきています。

だから、時計の針が数字を指していても何時なのかがわからないのです。

 

本人にとって今まで理解できていたことができなくなってしまうのは相当な不安になると思います。

 

さきほどの昼食の件も認知症の進度によるものなのかな?と一瞬は思いましたが、今はまだ、薬の服用については敏感なので、その為の食事がわからなくなることは考えられません。

 

前夫が用意してくれてなかったのです。

 

離婚するときに、母についての取り決めはここに綴れないほどの細部にわたって記しました。

 

母の食事については前夫が用意すると言うものです。

 

しかし、今までは夜だけで朝、昼はありませんでした。

長男が学校へ行く前に用意していたのです。

 

そんなこともあろうかと思い、離婚時に宅配弁当で対応する旨伝えましたが費用がかかると言って受け入れず、自分が作ると約束したにもかかわらずです。

 

ここ最近は昼、夜作るようになりました。

 

 

朝はバナナと野菜ジュースと決まっています。

 

現在は長男がうちへ泊まりに来るとき、前夫が泊まり出勤の時には高齢者専用の宅配弁当を利用しています。費用は主人が出しています。

 

母はこれを気に入ってくれてるので助かります。

しかし、前夫はそのことについては知らんぷりであたりまえのようにしています。

 

なので、前夫が家にいるのに先のようなお昼ごはんがないと言うようなことになります。

 

しかもこちらからの連絡で、慌てて作る始末です。

 

それも出来上がっても声一つかけずポンとテーブルに置くだけなので母には伝わりません。

 

再三に渡って「声かけしてくださいね。」と言っているのにです。

 

母は犬猫ではありません。

飼っている犬や猫にでも餌をやるときには声をかけています。

 

本当にどうしようもなく陰険です。

 

人にとっては食は命に関わるものです。

そこまで薄情になれるものでしょうか。

 

今はまだ、息子たちが学生なので強く出るのは控えていますが、春になり自立した時にはハッキリと話し合いたいと思っています。

 

 

そんなに母が嫌なら他人の家に居座らず出ていって下さいと。

 

ほんとは怒りまくってるのです。


f:id:amgmc:20170809153130j:image

 


にほんブログ村