鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

向ける気持ちはいっぱいなのに

朝、主人の起きた気配で一度起きるものの眠たくて眠たくて仕方がないです。

 

夜も早めに寝ているのに。

 

夜中に二回ほど目覚めるのですが、それが原因なのかわかりません。

 

薬を飲まないといけないので朝食を取りますが半分寝ている状態で食べています。

 

主人を見送った後また布団に入り、昼頃まで寝ます。

 

「何でこんなに眠いんかなぁ?」と主人に言うと「眠いから。何も気にせず眠ったらいい。」と言ってくれます。

 

自分でも母の付き添い、愛犬の世話は全く嫌ではないし、逆に関わらない日の方が気になってしまいますが、その予定がはいっていない日はホッとしている自分がいます。

 

たぶん、外へ出る一歩がしんどくてしんどくてそんな気持ちが出るのだと思いますが、またそれで私は薄情なのかなと自分を責めドーンと落ち込んでしまいます。


f:id:amgmc:20170823125455j:image

 明日が前夫の泊まり勤務の日なので愛犬の世話をしに行きます。

 

母はデイサービスの日なのでまた私の顔を見ると「デイサービス行きたくなくなってきた」と言うところからの始まりになると思いますので私には少し忍耐の時間です。

 

 

思う気持ちはいっぱいなのに体がスッと反応してくれないことが何ともつらいです。


 

 

 

 


にほんブログ村