鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

気分を変えてお弁当持参

 昨日は疲れすぎてブログ書けませんでした。

 

実家の愛犬が目に見えて弱ってきています。

 

大好きだったささみジャーキーも食べる力がないほどです。

 

中型犬なので二人で介護しなければ一人では大変です。

自分で頭をあげることすら出来なくなっているので、水を飲むのも頭を支えて注射器のポンプで横から流し込む方法で飲ませています。

 放っておくと溺死してしまうのではと思うほど頭を持ち上げることができません。

 

 

獣医師からは“Xデーがいつになるのか、腫瘍部分が破裂したら数分でお別れになる”と言われてますので心は爆弾を抱えたままです。

 

長男は時に涙しながら介護しています。

 

しかし、犬は敏感に察知すると言うので気持ちを切り替え、できるだけのことを精一杯してあげたいと思います。

 

 

 

私も自分の体と心と相談しながらなのでサッとは行動できないですが、前夫が泊まり勤務は3日に1回です。

 

愛犬の死に直面することはつらいことですし、どれだけ関わっても後には“あれもできたんじゃないか?”“これもできたんじゃないか?”と後悔も残ると聞いたことがあります。

 

それでも会いに行くときは明るく行きたいと思い、昨日は急遽ありあわせでお弁当を作り持って行くことにしました。


f:id:amgmc:20170825110236j:image

 

もちろん長男の分もです。

 

母は昨日は素直にデイサービスへ行ってくれたのでホッとしました。

 

 

帰ってきても私が居ることに安心したのだと思います。

 

今日は1日ダラダラしようと思います。


にほんブログ村