鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

もう言うこと聞きたくない。死ねって言って。

いつも通りの朝です。

 

 

ところが

 

「今まで○○(私)の言うこと聞いてきたけど、もう聞きたくない。デイサービスもヘルパーもいらない。病院にも行かない。お弁当もいらない。」

 

何が起きたかわかりません。

 

「どうしてそんな事言うん?」

 

「デイサービスもヘルパーも宅配弁当も何もかもお金がかかってる。でも私は良くならない。無駄なお金かけてもらう意味がない。死にたい。最後に言うこと聞くから死ねって言って。」

 

 

「口が裂けても死ねなんて言わんよ。生きてて欲しいもん。何もかも無駄じゃないよ。死ぬなんて言わんといてよ。私のたった1人のお母さんやん。悲しいよ。昨日、敬老の日で○○たちから(3人の子ども)お花もらって喜んでたやん。」

 

 

「その花も抜いて○○ちゃん(先日亡くなった愛犬)に供えてあげた方がいい。その方がよっぽどいい。供えてた花が枯れたから、その方が花も喜ぶ。」

 

「また花は持っていくから。それは孫たちがおばあにってしてくれたものやから、置いとき。おばあは○○ばあ(母の母で私の祖母)が亡くなった時に寂しかった?今いてくれたらなぁって思えへん?」

 

 

 

「寂しかった。いてくれたらと思う。」

 

 

「私も同じ。おばあが死ぬなんて言うたら悲しいし、寂しい、苦しい。たぶん、色々なことで疲れがたまってるんかも?デイもヘルパーも一つ一つ考えていこう。無理にとは言わへんけど、今は考えずに横になっとき。」

 

 

「わかった。ごめん。」

 

 

このようなやり取りでした。

 

すぐに主人と、お世話になっているケアマネさん、受診している精神科の相談窓口に連絡しました。

 

ケアマネさんは電話して訪問してくれました。

 

相談窓口担当者はその対応で良いので、明日、主治医が来るので電話してきて下さいと言ってくれました。

受診日を早めることはできると言うことでした。

 

 

主人も仕事の合間に電話してくれたみたいです。

 

 

 今後も繰り返されるかも知れない事象です。

 

 

“またか”ではなく心で向き合っていこうと思います。

 

 

私をこの世に産み出し、子どもたちに繋げてくれた母です。

 

 

私も何度も口にしてきた言葉なので理解はできます。

 

 

 

レキソタン錠を飲みました。

 

 

やっと気持ちが落ち着いてきました。

 

今日は長男が実家に帰る日です。

 

母の顔を見て来ようと思います。私の顔を見て笑ってくれたらいいな(ღ˘⌣˘ღ)

 

 

 


にほんブログ村