鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

頑張らない 2

昨日の件があったので、しばらくは母と距離をおいたおいた方が良いと言う主人と娘、長男のアドバイスにより、今朝の母への電話は主人にお願いすることにしました。

 

 

 

かと言って心を離すつもりはありません。

離せないのです。離すと私が苦しいのです。

 

 

 

主人が「○○(私)は薬飲んで寝てるし、2~3日ゆっくりさせるから。その間は僕がおばあの様子確認するから心配せんでえぇよ。僕も今から仕事行ってくるから、おばあもデイサービス行っといで。」

 

 

 

「わかった。ありがとう。」(と言ったらしい)

 

 

ところが、主人が出勤して暫くすると固定電話のコール音が5回。

 

これは、母との決まりごとで、私たちに用事があるときにする行為です。

 

 

固定電話から携帯電話にかけると電話料金が高額になるので、うちの固定電話のコール音が5回鳴ると、こちらからかけ直すと言うものです。

 


f:id:amgmc:20170921213427j:image
 

うちの固定電話番号は3人の子ども以外には知らせていないので、他に迷惑をかけることはありません。

 

 

他は主人と私の携帯電話で対応しています。

 

 

そのコール音5回が20回連続鳴りました。

 

 

これが母でなかったらストーカー意外の何物でもないですよね(笑)

 

短縮ダイヤルに登録しているので母の負担もないです(笑)

 

 

主人に任せるつもりでいましたが、とうとう折り返し母に電話してしまいました。

 

「寝てるって聞いてんけど。大丈夫か?うちのせいで苦しい思いさせてごめん。暴言吐いてごめん。○○(私)の言うこと聞くから元気になって。」泣いていました。

 

 

「大丈夫。ちょっと疲れただけ。たまにこういう事あるから心配せんでいいよ。それより、今日はデイサービス行くん?」

 

 

「うん。行ってくる。頑張る。だから元気になって。」

 

 

「おばあのせいじゃないから心配せんでいいで。無理に頑張らんでいい。それより、デイサービス行って、お風呂入ってスッキリしておいで。」

 

 

「わかった。また電話してな。顔見せてな。」

 

 

「うん。わかってるよ。電話するし、会いに行くよ。」

 

 

電話を切りました。

 

 

夜の定期電話は主人がしてくれました。

 

母は私を心配して電話を切った後、固定電話コールしてきましたが、折り返しかけたのは主人です。

 

 

主人は「○○(私)は薬飲んで寝かせたから心配せんでいいからな。」と言ってくれたみたいで、それ以降は鳴りませんでした。

 

 

自分がしんどくならないように、頑張らずに1日を終えました。

 

 

 

 
にほんブログ村