鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

幸せです。後、恐怖です。

日帰りバスツアー

昨日、行って来ました。 

 

朝早く起きられるか心配でしたが、主人に叩き起こされ、どうにか起きました。

 

 

長男も一緒です。

 

 

 

 

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺


f:id:amgmc:20171118233719j:image

小雨が降っていましたが苦にならず、逆に幻想的でした。


f:id:amgmc:20171118233912j:image

紅葉が美しい。ライトアップもされていました。



f:id:amgmc:20171118234139j:image
上の方まで地蔵菩薩様。

 

 

 

鶏足寺(旧飯福寺)の紅葉情報 | 紅葉名所2017 - ウォーカープラス

 


f:id:amgmc:20171118234254j:image


f:id:amgmc:20171118234325j:image

雨に濡れた苔の緑と落ち葉の赤色が美しくポチっ。


f:id:amgmc:20171118234439j:image

げっ。気持ち悪いけど、泳ぐ姿は可愛かったイモリ。

 


f:id:amgmc:20171118234534j:image


f:id:amgmc:20171118234738j:image

 

昼食は、近江牛松阪牛飛騨牛、松茸の食べ放題。

 

 

お腹空いてるはずだけど、食べ始めたら、そんなに入らないものだなぁ。

 


f:id:amgmc:20171118235100j:image


f:id:amgmc:20171118235115j:image


f:id:amgmc:20171118235130j:image

 

ツアー終了後、バスから降りて新地で“ふぐ”食べて帰ってきました。

白子が大好きなんですよね~私。

 

塩で頂きました。

 

でも、ふぐの白子は上品過ぎて私には物足りない。

 

 

鱈の方が好きかも。

 


f:id:amgmc:20171118235444j:image

 

帰り道のコンビニで見つけました。

 

 

美味しかったです。

 

 

先日の愛媛から本日の岐阜、滋賀の旅。

 

 

素直に嬉しいし幸せだと思います。

しかし、怖いのです。

 

私の法則があって、今まで歩んできた人生で、私が楽しい思いをすると後に嫌なことが起こる。

 

 

例えば、主人と出かけて「楽しかったね」と話していると母から、息子たちから揉めたから来て!と電話が入る。

 

 

これはほんの一部のことで、これでもかと言うほど負の偶然が重なります。

 

 

そうなってくると、自分のなかで法則が出来上がっていくわけです。

 

 

母の認知症発症と同時に表の揉め事はなくなりましたが、地下にあるマグマは常にちいさな噴火を起こしています。

 

 主に、前夫と次男と母の関係で。

 

前夫はいまだに母の認知症の症状を理解していない(しようとしない)、また、認知症の人にしてはいけないことをわざとするところがあります。

 

次男は母のことは放置ですし。

 

 

 

 

その度に、“何で私が楽しい思いをしたら悪いことがくっついてくるん?”と主人に言います。

 

 

主人は「楽しい思いをしたから悪いことが起きるんじゃない。たまたま時が重なって起こるだけ。起きたらできる範囲で対処すればいいだけ。もし、良いことと悪いことのバランスがあるのだとしたら、今までのmashanの人生の苦労を考えたなら、これからの人生は幸せいっぱいにならんと勘定が合わんやろ。」と言ってくれます。

 

 

その言葉に一時は納得して前向きになろうとするけれど、幸せな時間を過ごすことが怖くなってしまう私もいます。

 

 

普段は静かな水面に突然石を投げられて波紋が広がる感じです。

 

 

そして、それはしばらく続くのです。

 

 

精神科の先生にもきっぱり否定されました。

「良いことが起きて、そのせいで悪いことが起きることはありませんから。」と。

 

 

私の中の法則。

 

 

どこかで気持ちの切り替えができるといいな。

 

 

 

 

 



 

 


にほんブログ村