鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

私の心、色々。

どうしたら、自分の中のバランスが取れるのでしょうか。

 

母に対して感情を入れると自分が壊れてしまいます。

 

 

早朝の電話から何度も何度も母からのコール音。

 

神経すり減ります。

 

「今日はデイやなぁ。」

 

「そうやで。」

 

 

またコール音。

「別に用事はないねんけど。」

 

「. . . 」

 

「デイ行ってくるわ。」

 

「うん。そうしぃ。」 

 

電話を切ります。

 

またコール音。

「切ったらアカンやんか!」

 

「何?」

 

「もう忘れた。」

 

「切るで。」

 

「はい、ありがとうなぁ。」

 

 

なんのこっちゃ。

 

 

これが仕事なら割りきれるのかも。

 

 

わかりません。

 

 

好き放題生きてきて私を捨て、束縛し、疑い、前夫と結託し追い込み、離婚の時には、知らん顔して自分の意に染まらないと文句を言い、息子たちに脅しをかけ(土地が自分のものなので『出ていけ!』とか『地獄に落としてやる』とか『後ろに手を回してやる(逮捕)』とか、これほどの暴言はないと言うほど並べ立て)

 

そして、気づいたときには認知症

 

胸も痛みました。不憫にも思いました。

 

母がいなければ私は存在しないわけです。

 

 

最終的に主人とも出会えなかったわけです。

 

 

しかし、感謝ができないのです。

 

 

以前、私がまだ実家にいるときに、お付き合いのあった知人女性が私に言いました。

 

「mashanは何だかんだ言ってもお母さん(母のこと)にもしものことがあった時(亡くなったらと言う意味)必ず泣くよ。絶対に泣くよ。」

 

 

心のなかで激しい怒りが湧いたものです。

 

“何もわからないくせに人の心を知ったつもりで話すのはやめろ!”

 

そう思いました。

 

 

母がいなくなる。

 

 

その時、私の心はどう感じるのでしょう。

 

 

わかりません。

 

 

今日の夜には長男と娘と娘の彼氏がうちへきます。

 

 

皆でワイワイする予定。

 

 

母はクリスマスだと言うことを知っているでしょうか。

 

 

おそらくデイサービスでクリスマス会なんかを催してくれるはず。

 

 

母に小さなケーキでも買って行こうか。

 

 

色々な私の心が動きます。

 

 

どれもこれも全部、私の心です。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村