鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

成人の日に思う

10時起床。

 

 

今日は成人式なんですね。

 

 

新成人の皆さまおめでとうございます。&保護者の方もおめでとうございます。

 

 

自分の成人式は遠い昔。

 

 

覚えているのは、当時お付き合いしていた彼氏(歯科医師)が送迎してくれたこと。

 

 

友達と過ごすのではなく、その彼氏と食事に行ったと思います。

 

 

特に感動はなかったと思います。

 

 

ただ、母が呉服屋さんを家に呼んで、着物をあれやこれやと選んでくれた記憶があります。

 

 

私の好みは無視で、母の好みで古典柄。

 

 

しかし、おかげで、娘の成人式の時に私の着物を着ることができました。

 

 

 

私なんかより、ずっと似合っていたと思います。

 

 

母も着物はあれやこれやと揃えてくれました。

 

色喪服には前夫の家紋入りだったと思います。

 

 

 

それも祖父母と母の彼氏のおかげなんですけども。

 

 

いま、その着物たちは実家の箪笥に眠ったままです。

 

 

娘の体型が若い頃の私とほぼ同じなので、できれば娘に着てほしいなと思いますが、今は機会もありません。

 

 

洋服の方が楽ですし。

 

 

成人の日に自分の思い出を引っ張り出して、

あらためて祖父母と母の元彼にありがとう。

 

 

その母から9時頃コール音。

 

私はまだ眠っていたので、主人が折り返しかけてくれたとのこと。

 

 

「寂しいからかけた。」そうです。

 

 

私も起きてきてからかけましたが、「寂しいねん。」

 

 

「それは仕方ないやろ。デイサービス行っといで。」

 

 

どうすることもできませんから。

 

 

前夫と屈託し、私の行動を監視し、いられなくしたのはあなたたちですから。

 

 

それは認知症になろうが消えない事実。

 

 

チョッとイラっとして攻撃的な私が出ます。

 

 

 

今日も競馬があるのでテレビ前で楽しみたいと思います。

 

 

  


にほんブログ村