鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

朝からイライラ、イライラ。

7時半起床。

 

主人のお見送り後、再び就寝。

 

9時半起床。

 

 

母から「便秘やねん。」と電話があったそうです。

 

 

先ほど電話したら「寂しい。寂しい。」と。私に寂しいと言わんとってよ。

それを聞くたびにイライラするから。

 

 

再びコール音。

「爪切り買ってきて。」

 

「だから、次行った時に探してなかったら買いに行く。」っちゅうてるやろ。→これは私の一人言。

 

 

また電話。

「昼御飯がないー。」 

 

長男が用意してくれてるはず。

 

見てないだけ。

 

それについ先日、宅配弁当(高齢者向け)頼んでたら「昼御飯はいらんわぁー。」って言うてたやんか。

 

 

それもお昼御飯がいらないのではなくて、宅配が気に入らないと言うだけで、やけっぱちで言ってきただけやん。

 

また電話。

「○○(長男)まだ寝てるみたい。」

昼までにはまだ時間あるやん。

 

 

 

とにかく、私の前で「寂しい。」と「何で私がこんな目に合うんやろ。」

これだけは言わないでほしい。


f:id:amgmc:20180110110935j:image
 

 

言うのは自由か。

 

 

でも私は無視するよ。

でないと、息ができなくなるほど負の感情が溢れ出すからね。


f:id:amgmc:20180110110944j:image

 

“寂しい”のも“こんな目に合う”のも、あんたが生きてきた人生の結果よ。 

 

 

本来、数年前に絶縁してるとこだった。

 

いや、もっと早くに。

 

息子たちにも土地名義を盾に脅しをかけて暴言吐いて、自分の、鬱憤を警察にまで届け出た人。

 

それでもこうして関わってる。

 

でもそれはきっと自分の為。

 

自分がしんどくならないように。

 

 

本音は関わりたくない。

関わりがしんどくなる。

それが消えてしまいたい。に繋がってしまいます。

 

今の私は、瓶の底に泥が溜まっていて、上からは澄んでいるように見える水も、何かの拍子に瓶が揺さぶられると、瞬く間に泥で真っ黒な水になってしまう。

 

そんな感じです。

 

 

切り替えないと。

 

 

あまりにも気分がすぐれないので、レキソタン錠服用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村