鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

圧迫骨折

10時起床。

 

 

今朝は主人が耳鼻咽喉科受診の日でした。

 

 

昼前、母に電話すると、先日転倒した時に打った腰が痛いので、ヘルパーさん付き添いのもと、外科を受診したら骨折の診断だと言うのです。

 

 

母の話しは要領を得ないので、直接外科医院に電話すると、圧迫骨折とのことでした。

 

 

手術はしない。ただただ安静に。

 

 

なのに、デイサービスへ行ってしまいました。

付き添いのヘルパーさんは、いったい何を聞いてくれていたんだろうか?

 

 

すぐにケアマネさんに連絡しました。

 

 

ケアマネさんもヘルパーさんからは連絡を受けておらず、「とりあえず、横になっていてもらいます。」とのこと。

 

 

デイサービスだって料金が発生します。

 

お風呂にも入れず、行ってただ寝てるだけならデイサービス行かなくて良かった。

 

その辺の連絡が取れていない。

 

度々、このような事が起こります。

 

 

そして、安静にと言われても、母は安静にできないと思うので、受診している精神科の相談窓口に電話をしてみました。

 

 

主治医の先生によると、「手術をしないのであれば、紹介状を持ってきてもらえれば、こちらで入院も可能です。(骨折の原因がレビー小体型認知症によるパーキンソン症状なので)」とのことでした。

 

 
f:id:amgmc:20180129143439j:image

 

 

 

自宅でいるよりは、そちらの方が安心かもしれません。

 

 

 

ただ、四六時中、母につきっきりと言うわけにはいかないので、徘徊がある場合は手足の拘束もあり得ると言うことでした。

 

 

 

来週、再度外科受診して判断することになります。

 

 

それまでの母の昼食の段取りなど、手配しないといけないし. . と思案していたら、

長男が「休みに入っているので大丈夫」と言ってくれて、そこは一安心。

 

 

 

あとは今、母は週に三回のデイサービスを楽しみにしているので、どんな反応が来るか心配です。

(以前、一度何もかも投げやりになって放棄したこともあるので。)

 

 

母に関わって何かと動いてくれている主人と長男に心から感謝です。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村