鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

まさかのマルボロ

 

 

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)

 

 

 

度肝を抜かれる面白さ

注目の医師作家の衝撃作

 

読了。

 

 

ちょうどその時、主人が仕事から帰ってきました。

 

 

主人「じゃじゃーん!. . . . あれっ?」

 

 

私は今、キティちゃんとマイメロディちゃんの小皿が欲しくてローソンのスイーツを購入しています。

 

 

シール40枚でワンセット(小皿二枚)もらえるんです。

 

 

それがあと二枚で終わります。

 

 

ってことで主人が今日、そのシールが貼られているスイーツを買ってきてくれたのです。

 

 

上記が、それを出したときの主人の言葉。

 

 

 

スイーツと煙草を買ったみたいなんですが、

なんと自分が吸わない煙草が入っていました。

 

 

入っていたのはこれです。↓↓↓


f:id:amgmc:20180130214804j:image

 

 

主人(私も同じなんです。)が吸うのはこれ

↓↓↓


f:id:amgmc:20180130214851j:image

 

 

何で?

 

 

主人「僕、ちゃんと118番(コンビニでは煙草に番号表示がされています。)って言うたのに。取り替えてもらってくる!」

 

 

私「レシートある?」

 

 

主人「捨てた. . . 」

 

私「無理かも?電話してから行ったら?」

 

主人「もしもし?さっき煙草買ったんですけど、僕118番って言ったんですけど、118番ってピアニッシモプレシアですよね?違うのが入ってたんですけど取り替えに行ってもいけますか?レシートはありません。」

 

 

どうやら、番号は確かに主人が吸っている銘柄だそうで、交換してくれるとのこと。

 

 

主人は急いで行ったのでした。

 

 

店員さんのミスってことで、ライターもらって帰ってきました。

 

 

私は温かいコーヒーを用意して待っていました。

 

 

寒いのにご苦労さまでした。

それから、おやつありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村