鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

不信感

夜中に電話が鳴りました。

 

1時頃のことです。

 

主人が出てくれたのですが、母が入院している病院からでした。

 

 

母が転倒して頭を打ち、口のなかも切れて出血したとのこと。

 

 

すぐにCT検査したけど異常はなし。

口からの出血も止まっている。

 

 

 

時間が時間だけに命に関わる重大事かと心臓が高鳴りました。

 

 

疑問なのは、リハビリ時間の10時~14時以外は拘束処置がとられているはず。

 その説明は主治医から受けています。

 

 

 

その母が何故夜中に徘徊できるのか?(おそらくお手洗いに立ったのでしょう。)

 

どうやら、夜中の拘束を解いていたみたいです。

 

 

母は認知症ではありますが、現在幻視、幻聴はありません。

 

 

ここ最近、頭や口元を叩かれたりすると訴えています。

 

看護師、介護士さんたちは、私たちが面会に行ったときには、大きな声で笑顔で「こんにちは!」と挨拶をしてくれます。

 

 

しかし、母が言うには「mashanらがいてるからやで。」

 

 

呼んでも無視されることが多いと言います。

 

 

色々な患者さんがいる中で、一人にかかりきりになるのは不可能ですし、母の言うことを100%真に受けることはできないにしても、ここのところ病院に対してと言うより、看護師、介護士に不信感が出てきました。

 

 
f:id:amgmc:20180413140230j:image

 

補聴器やシャンプー・コンディショナー、歯磨剤の紛失など、物品管理費も支払い、こちらとしてはやることはやっているのに「なくなったので購入してきてください。」

 

 

入院した時に持参した数枚のタオルも行方不明。

 

 

全てのものに記名して管理費も支払い、何してることやら。

 

 

とにかく今日、主人が帰宅したら病院へ行ってこようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村