鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

対人は苦手

7時起床。

 

 

今日は母の生保申請のための区役所の方との面談に立ち会うため、主人と一緒に母が入所している特養に行って来ました。

 

 

面談の中に

・どこで生まれたか

・どこの小学校、中学校へ行ってたか

・ずっと他府県へは行ってないのか

・仕事は何をしていたか

等々、生育歴のようなことを聞かれました。

 

 

それに対して、母が答えられたのは小、中学校の名前くらいで、あとは「どうだったかなぁ?」と不安げ。

 

 

ほんの30分ほどの面談でした。

 

 

心配なのは母は年金のみの収入ではあるけれど、土地と言う資産を持っていること、これが問題です。

 

と言っても動かすことのできないものですし、そのへんどんな協議が行われるかは素人の私にはわかりません。

 

 

母には「また来るよ。」と言って帰ってきました。

 

 

その後、今度は私の自立支援医療の申請に行って来ました。

 

 

もうこれだけで私はいっぱいいっぱい。

 

 

自由に自分の段取りで動くことには問題はありませんが、対人となると緊張しすぎて、主人がいてくれてないとどうしようもありません。

 

 

今朝も出かける前に頓服レキソタンを服用して行きました。

 

 

 

帰ってからは少し眠ろうと思ったのですが、頭の中が興奮しているのか眠れません。

 

 

なので、ブログ更新して、夕方まで文庫でも読んでのんべんだらりと過ごしたいと思います。


にほんブログ村