鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

雨の日には

 

プラナリア (文春文庫)

プラナリア (文春文庫)

 

 

 

どうして私はこんなにひねくれているんだろう。乳がんの手術以来、何もかも面倒くさく「社会復帰」に興味がもてない25歳の春香。

恋人の神経を逆撫でし、親に八つ当たりをし、バイトを無断欠勤する自分に疲れ果てるが、出口は見えない。

現代の“無職”をめぐる心模様を描いて共感を呼んだベストセラー短編集。直木賞受賞作品。

 

 

読了。★★★

 

 

 

昨日は雨で主人は車で出勤しました。

 

 

何と帰りに自分の1台前に、一度も見かけなかったルーミーが走っていたそうです。

 

 

 ほんまかいな。

見間違いちゃうのん?

 

 

 

これからは見かけるようになるのかな。

 

 

外の雨は本降り。

 

 

昼食後の珈琲でも飲んで文庫本読んでまったりしよ。


にほんブログ村