鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

心がざわつく

本日、9時15分起床。

 

 

遅出の主人のお見送りがどうにかできて、再び布団へ。

 

 

12時半まで爆睡。

 

 

食欲もあまりありません。

 

 

が、薬服用のため何とか軽めの食事を取りました。

 

 

 

今日は、かつてのお姑さんのお通夜で明日は告別式です。

 

 

何故か心の中がざわついています。

 

 

きっと思い出が溢れてきて、そうなるのだと思います。

 

 

前夫と離婚した時点で赤の他人になったはず。

 

 

しかし、重ねてきたものは過去になろうとも消えないものなんだと実感。

その人によるとは思いますが。

 

 

 

次男が入院した時に娘と長男を預かって見てくれたな。

 

 

柿の葉寿司をよく作ってくれたな。

鯖が苦手な娘にはマグロフレークをさらに煮詰めてオリジナルのお寿司を作ってくれたな。

 

 

洋裁ができる人だったので、子供たちの服やエプロン、必要なものたくさん作ってくれたな。

 

 

子供たちの誕生日やこどもの日、クリスマス、お正月、節目節目にお小遣いもらったな。

 

 

前夫には弟夫婦と甥二人がいますが、分け隔てなく接してくれたな。

 

 

 

その他にもしてもらったことは数知れず。

 

 

 

人と人との関わりはそう簡単になくなりはしないんだ。

 

 

 

直接さよならは言えないけれど、感謝の気持ちは忘れないでいたいと思います。


にほんブログ村