鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

母の従妹と。

本日、7時半起床。

 

 

 

毎週恒例のしらとりの郷へ行き、モーニングして開店を待ち野菜購入。

 

藤井農園でいちじく購入。

 

 

帰ってきてから内科受診。

HbA1cの数値5.6%

その他、血糖値も血圧も正常。

 

 

 

 

ほっ。

 

 

 

その後、母の用事で保健センターへ行きました。

何やかんやと手続きが面倒です。

 

 

その後、母の父方の従妹(と言っても私と同い年)が母に面会すると言ってくれてるので家まで迎えに行きました。(彼女はペーパードライバー)

 

 

 

バスで行けないこともないけど(環境が良い代わりに交通不便)、主人が「せっかく来てくれるって言うてるから迎えに行こ」って言ってくれたので甘えることにしました。

 

 

母が入院中も何度もお見舞いに行ってくれてました。

 

 

さて、母は彼女のこと理解できるかな?

 

 

 

何と「○○~。(彼女の名前)来てくれたん?嬉しいわぁ!」

 

 

ちゃんと理解できてました。

これもほっ。

 

 

結構長い時間喋って、母が「喋り過ぎて疲れたわ。」と言うので「また来るよ。」と言って施設を後にしました。

 

 

その後、彼女を送って行く道中でカフェに入り、食事とお茶をしました。


f:id:amgmc:20180903205056j:image

内科受診後の安心で調子乗りすぎ(笑)

 

 

 

 

色々話していくうちに、私が家を出てから、前夫と母が揉めていたことも理解していて、母がかなりのお世話になったことを知りました。

 

 

 

冬の寒いときに前夫に暖房器具を取り上げられたときにホッとカーペットを持っていってくれたり。

(それすらもコードを引き抜いて使えないようにしていた前夫)→思い出しただけでも腹が立つ。

 

 

(でもまぁそんな過去を吐き出すために始めた当ブログなんですが。

当時は母への両価感情もありましたし。)

 

 

 

 

病院で入院中も頻繁に面会に行ってくれてたみたいです。

 

 

知らなかったとは言え、申し訳ないことです。

本当に感謝です。

 

 

外を見たらすでに日は暮れていてびっくり。

 

 

久しぶりに会ったので時間を忘れてしまいました。

 

 

 

また会いたいです。

 

 

 

明日は台風が近畿地方直撃とかって言ってるので内心びびってます。

 

 

今日も充実した1日でした。

 

 

 

 

 


にほんブログ村