鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

家の中が安全地帯

本日、8時起床。

 

 

主人をお見送り後再び眠る。

12時目覚める。

 

 

やっとのことでトースト5枚切りの一枚を食べて薬を服用。

 

 

昨日、娘と長男とで仮面ライダー遊びをしてテンション高かった分、今日はドーン底。

 

 

 

 

それに今日は長男が帰る日でもあるし。

 

 

一人で外に出られたら、少しは気分も違うんだろうけど、そんな勇気ないし億劫だし怖いし。

 

 

いつも家のなかで一人過ごしてる。

それが今の自分にとって安全だと思うから。

これでいいんだって思ってる。

 

 

 

仕事頑張ってる人が羨ましく思えたりするけど、それはそれで悩みも多いんだろうな。

 

 

 

特にこの一週間は波の幅が大きかった気がする。

 

 

レキソタン錠の服用回数も多かった。

薬への依存が増えている。ヤバい。

 

 

22日の精神科受診の時に先生に話してみよう。

 

 

母の特養入所で一つの心配事はなくなったし、前夫からのメール攻撃もなくなったし(不要メールは相変わらずだけど)確かにプラスには変わっていってるはず。

 

 

かと言って母の認知症は遅い速度ではあっても進んでいるし、実家の事や息子たちのことがある限り前夫との関わりは完全には切れないし、そういう部分で心の負担は大きい。

 

 

自分自身の心の持ちようだけでは解決できないしんどさがあるのは間違いない。

 

 

その中で、主人との楽しい時間を持てる幸せも感じている。

 

 

主人が一度口にした言葉がある。

「僕はmashanを置いては死ねない。」

 

 

私も一日でも良いから主人より先に死にたい。と思ってる。

 

 

こればかりはどうなるかわからないからね。

 

 

だから今を精一杯楽しみたいとも思う。

 

 

楽しんでる。

だから、欲を出さず今の私でいいんだって思うようにしよう。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村