鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

一つ前を見よう。

本日、9時起床。

 

 

主人のお見送りできました。

 

 

ただ眠くて眠くて再び眠る。

目が覚めたのは12時。

 

 

お腹は空いてないけど、フルボキサミン錠とマグミット錠の服用があるので、昨日の残り物の巻き寿司を食べました。

 

 

 

二度寝の時には必ずと言ってよいほど悪夢を見ます。

 

 

まだ、前夫との生活があって怒鳴られたり、後をつけられたり。

 

 

いつになったら過去の呪縛から解放されるのだろう。

 

 

記憶として残っていることは消せないから、それは無理なのかもしれない。

 

 

現実を見よ。

 

 

今は母の病のこと、私の病のこと、それぞれの関係性のこと、色々あるけど主人がいてくれて幸せなこと、過去より今はずっと幸せなこと、あるやんか。

 

 

でもフラッシュバックしてどうしようもない時があって胸が苦しくなる。

 

 

薬への依存。

 

 

今日も落ち込みが激しいので、普段過ごしてる部屋の好きなコーナーを写真で撮って見ました。

 


f:id:amgmc:20181004151857j:image

食器棚に置いてあるアンティークな鳥かご

 


f:id:amgmc:20181004151938j:image

流木で作ったラダー

 


f:id:amgmc:20181004152006j:image

キッチン横のボード

 


f:id:amgmc:20181004152038j:image

長男が泊まりに来たときに使用する部屋のドア

 


f:id:amgmc:20181004152115j:image

リビングの壁面

 


f:id:amgmc:20181004152140j:image

廃材で作ったインターフォンカバー

 


f:id:amgmc:20181004152218j:image

私が座るソファの背面

 

 

 

自慢できるものは何もないけれど、こうしてお気に入りに囲まれた中で過ごせること、感謝しよう。

 

 

少しずつ、一つずつ前を見よう。

 

 

 


にほんブログ村