鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

離婚したのに付き合いがあるって変だけど

本日、9時起床。

 

早出の主人のお見送りできず。

 

 

昨日は前夫からもらった大川のこんにゃくで田楽を作りました。

 

 

昔、家族でキャンプに行ってた天川村の洞川にごろごろ水と言う湧水があって、前夫は今でもタンクを積んで一人で取りに行ってるようです。

 


f:id:amgmc:20181107151240j:image

 

 

その帰りにお土産として、その大川こんにゃくと辛子味噌、草餅、万能タレなどを買って来ます。

 

 

たまに私たちにもくれたりします。

 

 

そんな時、前夫はいったいどんなことを考えているのだろうと不思議な感覚になります。

 

 

そもそも、離婚した時点で前夫が出ていくのが普通だと思うのですが、増築した家屋は自分が建てたものだと認識しているため、離婚時も出ていくことを拒否しました。

 

 

私も当時は母と前夫の結託で実家にいられなくなったので出た身ですから。

 

 

揉めたときには法的措置を取って出ていってもらおうと考えていました。

 

 

今はまだ表面上は穏やかな関係ですが、何がきっかけで揉めるかわからない火種は残っています。

 

 

ただ、母が施設に入所したことによって、その揉め事は激減しました。

 

 

あと希望することは綺麗に住んで欲しいと言うことです。

 

私の感覚としては前夫にではなく、長男に残す家だと言う認識です。

 

 

昔受けたDVの傷はいまだ残っていますから、正直なところ会いたくはありません。

 

 

しかし揉め事も嫌いなので相手が穏やかならば、こちらとしても穏やかに接すると言う方向性で付き合っています。

 

 

次男もいずれ出ていくでしょうから、長男の幸せを願って心穏やかに暮らして欲しいです。

 

 

祖父母が残してくれた家が荒れていくのは嫌です。

 

 

今は会うたびに綺麗にしてねと言うだけです。

 

 

昨日、前夫から次男の勤務する署長からの挨拶状と次男の制服姿の写真がメールに添付されて送られてきました。

立派に勤めあげて欲しいと願う気持ちと、先日の深く傷ついた気持ちがないまぜになって心が痛いです。

 

 

そして、和室の片付けの件で、出しっぱなしの物は全て処分すると通告してあったので急場しのぎで制服等の仕事関係の物は、長男が寝ている部屋に放り込んだみたいです。

昨夜、長男から連絡が来ました。

 

 

 

何故片付けられないのでしょう。

自分の部屋以外に本来の長男の部屋も潰しています。

猫四匹の影響もあります。

 

 

 

半年の寮生活でどんな風に過ごしていたのか疑問です。

 

 

実家から離れて自分で暮らしてみて、わかるのでしょうか。

 

 

昨日はAmazonプライムステキな金縛りを観ました。

 

 

今はFODのセミダブルから中井貴一さんの作品を主に観ています。

 


にほんブログ村