鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

こんな私と一緒にいて楽しいのか聞いてみた。

本日、9時起床。

 

主人は休みで耳鼻咽喉科へ行きました。

 

 

月曜日恒例、道の駅しらとりの郷へ行って来ました。

 

お昼になったので例により、はびきのうどんを食べました。


f:id:amgmc:20181210141330j:image

 

その後、珈琲が飲みたくてぱんろーどへ。


f:id:amgmc:20181210141404j:image

 

 

 

主人は本当に何事も苦にしなくて元気。

主人と一緒になって愚痴を聞いたことがありません。

 

校長をしていたときから「尻拭いは僕がするから」タイプで頼れる人でした。

 

 

その元気はどこから来るのか聞いてみました。

 

それはなんと言っても食にあると言います。

旨いものを大好きな人と楽しく食べる。

 

 

そして良い睡眠を取る。

眠いときには寝る!

 

 

これに限ると。

 

 

 

鬱な私といて楽しいかと聞いてみた。

「楽しいよ。安心する。」

 

 

答えが変わったことはない。

 

 

私はいつもネガティブに「こんな私といても. . . 」と考えてしまう。

 

 

 

母のことも前夫との関わりも全て含めてmashanやから、それでいいと。

mashanが病気なのもわかっているけど少しでも笑顔が見られるなら何も惜しまないと言ってくれます。

 

 

 

主人の前では笑っていられるようにしたいです。

 

 

今日はイチゴを買ったので二人で(長男はいちごダメ)食べます。

 


f:id:amgmc:20181210141904j:image

 

夕方までチョッとお昼寝かな。

 

 


にほんブログ村