鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

突然の訪問

今日はどこへも出かけず(長男は朝早くから出かけましたが)ダラダラ過ごしていて、昼食後に眠けに襲われ寝ているとインターフォンがなり目覚めました。

 

主人が出てくれたのですが、まさかの娘と彼氏の訪問。

 

彼氏がスマホの機種変する待ち時間が長いため遊びに来たとのこと。

 

 

彼氏は急なことに申し訳ありませんと遠慮がちでしたがwelcome、welcome!

嬉しいものです。

 

 

主人は賑やかなのが好きなので喜んでいました。

私は寝ぼけ眼で「いらっしゃい。」

 

 

で、娘がお腹すいたと言い出して主人に甘えてラーメン作ってもらってました。

 

娘の天下です。(笑)

 

 

一緒に競馬見て(今回も一頭はずしました。)お喋りして、そろそろ順番が来るのでと言って帰っていきました。

 

何と賑やかなこと。

楽しかったです。

 

 

人との関わりが苦手な私ですが身内は別。

緊張することもないし、ありのままでいられます。

 

 

しかしこのまま永久に人との関わりを持てないでいいのだろうか?

 

でも無理なものは無理なんだよね。

 

 

母関係で施設のスタッフさんや、どこかのお店に行った時に少しの会話位はできるので、それでよしとするか。

 

 

うん、それでいいやん。


にほんブログ村