鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

正直疲れました。

昨日はバタバタでした。

 

まず、主人の弟さんが緊急入院した病院に行き、主人の長女がいたので説明を受け、すぐに諸々を取りに主人の実家へ行き、

高額医療限度額の申請に区役所へ行き、デイサービスからショートステイに切り替わる手続きを済ませ、ショートステイに入所するための診断書作成の為に採血やレントゲンを撮らなくてはならないので、ショートステイ先にお義母さんを迎えに行き、そして終了後またお送りし、弟さんの病院へ行き、面会。

ICUに入っているため面会時間は10分。

 

もともと右足が悪くて庇って左足の付け根あたりに膿がたまり、それを出しきるオペをしてもらいました。

 

 

菌が全身に回っていたら、命に関わっていたとのこと。

身震いします。

 

 

 

お義母さんの着替えや弟さんの保険証やらがどこにあるのかわからず必死で探しました。

 

 

 

朝から家を出てこの時点で20時半。

 

 

家へ帰ってきたら(お義母さんの家も私の母と同じ市です。)21時を回っていました。

 

 

レントゲンを撮るにしても、そこまで行くにしても高齢のため介添えが必要です。

服を脱がせたり、撮影の際には支えないといけないし

お手洗いに行きたいと言えば、それも介添えしないといけないし、何故か主人はそれらを私に任せて座っています。

 

 

いざ、自分の母親のこととなるとできないのかもしれません。

 

 

いつまでもショートステイできるわけではないので特養を探さなくてはなりません。

 

 

もう弟さんが介護するには限界です。

弟さんも今月末には65才で、右半身が不自由なので。

しかし、特養がなかなか見つからないのが現状です。

 

 

思えば、母の入所がスムーズに行ったのが奇跡に近い。

 

 

お義母さんのケアマネさんも色々当たってくれているみたいですが。

 

 

 

保育所の待機児童ゼロを目指すのも良いけど、高齢者の待機もゼロにしてほしい。

 

 

なかなか難しいですね。

 

 

今日の私はやはり昨日の外出と行動でダウンです。

 

 

 


にほんブログ村