鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

トラウマが消えない

本日、主人は仕事。

 

 

長男は昨夜遅くに遊びに出かけて朝帰り。

大学のことちゃんと考えているのか。

小学生の子を相手にするように諭します。

 

 

前夫との別居が決まった夜に子供たちと別れて以降の私は、何かと遠慮に似た感情があって変な気遣い(甘やかし)を持ってしまっています。

 

 

今でも、縁側から私を見送った三人の子供の姿が脳裏に焼き付いて離れず、そのときのことを思うと胸が締め付けられます。

 

 

過去を振り返っていては、心の傷も癒えません。

 

 

前向きに、前向きに。

 

 

 

今の私は大人になった子供たちと関わっているのだから。

 

 

それに、私を支えてくれる主人がいるのだから。

 

 

 

13時に目覚めました。

 

 

すでに誰もいない。

 

 

食欲もなく、かと言って薬を飲まなければならないので、さて何か食べようか。

 

 

億劫やなぁ。


にほんブログ村