鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

嬉しかったよ

本日は韓国語教室の日です。

 

 

主人がお休みなので、レッスン終了時刻に難波で待ち合わせ。

 

 

 

娘と三人で遅い昼食、ペッパーランチを食べました。(먹었어요)

 


f:id:amgmc:20190418174109j:image

 

 

その後、煙草が吸えるカフェで珈琲タイム。

ケーキ食べちゃいました。

 

娘は珈琲が飲めないのでオレンジジュースです。

 

 

精神科受診の時も三人で行動しますが、また違う感覚で楽しいです。

 

 

娘は何やかんやと、主人をいじったりしますが大好きなのが伝わります。

 

 

血の繋がりはないけども、娘にとっての父親は主人だけだと言います。

 

 

本当の父親の記憶はありません。

 

 

前夫は養父として十数年過ごしましたが、父親と言う実感はなかったと言います。

(娘は私が主人と結婚するまで、実の父親は養父だった前夫だと思っていたにもかかわらずです。)

 

 

愛情と言うものを感じ取ることができなかったのでしょう。

 

 

確かに前夫は子供と面と向かって話すことはなく、言いたいこと、腹が立つことは全て私に言わせてましたから。

 

 

いまだに長男、次男への不満は私にメールで知らせて来てますし、私が「直接言ったらどうですか?」と返信したらスルー。

 

 

あとで長男、次男に「親父から何か言われた?」と聞いても返事は「いや、何も言われてない。」

 

 

向き合えないんですね。

でも怒りは持っていて、はけ口に私にメールするのがやっとなんでしょう。

 

 

 

 

食事中、娘から「おかちゃんは、親父が(前夫)あんなモラハラ、DVの中で子供三人育ててきたんやからすごいよ。」と言ってくれました。

 

 

何か救われたっていうか素直に嬉しかったです。

鬱になって子供たちには心配もかけたし、前夫との離婚までに起きた様々なことで嫌な思いもさせましたし。

 

 

 

そう言ってもらえて「ありがとう。」って気持ちです。

 

 

 

来週の韓国語教室の日も主人が休みなので、待ち合わせしようかなと思います。

 

主人が何て言うやら(笑)

 


にほんブログ村