鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

ブログ開設から2年

はてなブログの運営さんから

鬱な私の日日日記のブログ開設から2年が経ちました。と言うメールが届きました。

 

 

もう2年?

 

早いものです。

 

 

娘に勧められて始めた日記ブログ。

 

 

過去を振り返って幼少期から現在に至るまでのことを全て吐き出し、それからは日々の心の葛藤やその日の出来事などを記してきました。

 

 

もともと読書が好きですが、鬱が酷いときには、それもできなくて寝てばかりの日々だったり、死んでしまいたい衝動にかられたり、毎日が浮き沈みしてました。

 

 

現在は少しは落ち着いているものの、相変わらず引きこもりでカーテンさえも開けません。

外出時は常に主人の付き添いあり。

 

 

 

進歩と言えば週に一度、韓国語教室へ通えるようになったこと。

 

 

それも娘に支えられてのこと。

 

 

いまだに過去のトラウマに悩まされ、心が苦しくなったりします。

 

 

でも、そんな時にブログに書き出すことによって少しは楽になれているんじゃないかと実感しています。

 

自分勝手だとは思いますが、アクセス数や読者数は私は特に気にはなりません。

 

 

とにかく自分の思いを吐き出す場所です。

 

 

以前、精神科の仙人先生から「自分の感情を紙に書いてみてもいいんじゃないだろうか。」と提案されたことがあります。

 

 

それは母への怒りだったり前夫への怒りや恐怖心だったり。

 

「相手に渡せなくても、あとで破って捨ててもいいから。」と。

 

 

「死ね。」でもいいとさえ言われました。

 

 

当時はブログなんて思いもよりませんでしたし、紙に書きなぐっては破り捨てていましたね。

 

 

なので、娘からブログを勧められたときは怖さ半分(自分をさらけ出すこと)興味半分ってところだったでしょうか。

 

 

実際に稚拙な文章でも読んで下さる方がいて、いまでは読者の方々やコメント、スターなどを頂いて、とても励みになっています。

 

 

これからもマイペースで日記ブログとして続けていきたいと思います。

 

 

お腹が空いてきたので何か食べます。

 

 

祝2周年(笑)


にほんブログ村