鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

二度寝の習慣がついてしまってる

昨日は結局寝てしまい、洗濯物の取り入れなど、主人がしてくれました。

 

 

目覚めたのは19時でした。

 

 

急いで夕食の準備して、と言ってもカレーを温めるだけなんですけど、主人が色々手伝ってくれて、購入したての野菜サラダと共に食べました。

 

 

 

「ごめんね。」

 

 

「何にも謝らんでえぇ。mashanは薬も飲んでるんやし、寝れるときに寝たらえぇ。悪夢は見ぃへんかったか?ぐっすり眠れたらそれが一番や。」

 

 

「ありがとう。」

 

 

長男が学校に昼食として持っていくおにぎりも主人が作ってくれます。

 

 

中に入れる具は昆布、鮭、ちりめんじゃこの三種。

 

 

私が朝一番に起きられないので、その事にも罪悪感を持っていると、

「mashanは家を出るまで子供が小さいときから旦那(前夫)の分も含めて四人分のお弁当を作ってきたんやから。今は病気で起きられへんだけで、できないわけじゃない。それに今は僕と一緒にいてて、この僕がそれでいいと思ってるんやからそれでいいんやで。」

 

 

感謝しかないですね。

 

 

今朝も10時半起きの二度寝で14時起き。

 

 

途中、主人からの「昼飯食ったか?」電話がありましたが、寝とぼけて対応。

 

 

 

明日は久しぶりに韓国語教室なので二度寝はできません。

キツいけど頑張ってみます。

 


にほんブログ村