鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

イレギュラーな事が起きると慌てる

10時半に起床。

 

シリアル食べて薬服用。

まだ眠いので再び布団へ行き目覚めたのは14時半。

 

 

目覚めたきっかけは電話の着信音。

 

 

主人は毎昼、ご飯を食べたかどうか心配して電話をくれるけど、その電話は終了してるし、寝ぼけたまま通知番号を見ると市内から。

 

 

母の施設からではないし誰?ってなって動揺しました。

 

 

鳴り続けてるし、迷った挙げ句出ることにしました。

 

 

「こちら住吉区役所、保健福祉課の○○です。」

 

 

えっえっ。区役所から何???

 

 

心臓バクバク。

 

 

どうやら、先日、自立支援医療の申請に行った時に保険証のコピーを取るのを忘れていたとのことで、持って行くか郵送して頂くかお願いします。と言う内容のものでした。

 

 

もちろん、郵送を選びました。

 

 

で、住所と担当者の名前を聞き、電話を切りました。

 

 

ちゃんと対応できました。

 

イレギュラーな事が起きるとパニックになってしまうけど、ちゃんと住所も聞けたし名前の再確認もできたし、良かったかな。

 

 

 

すっかり目覚めました。

 

 

さっそく徒歩1分のところにあるコンビニにコピーしに行きました。

 

そのためには着替えが必要です。

(ひきこもりなので、普段はTシャツにリラコ)

さすがにこの格好では外に出られないので着替えました。

 

本当は億劫なんですけどね。

 

 

コピーのついでに煙草を買いました。

 

 

店員さん「この煙草、大きくなりましたね。他のお客さんも大きくなって嫌だって言ってはりましたわ。」

 

 

私「そうなんですよ。横に大きくなってしまって。前の方がコンパクトで良かったです。」 

  


f:id:amgmc:20190521153042j:image

 

 

このコンビニは便利なのでよく利用しているため、顔見知りの店員さんで話しても緊張はありません。

 

 

帰って来てまたすぐに着替えて家事をします。

 

 

16時からは大相撲見ないといけないので。

 

 

 


にほんブログ村