鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

恐怖心を振り払って強くなる。

今日は朝から新聞の集金に起こされ、再び眠りました。

何だか二日間の疲れがどっと出たみたいです。

 

 

15時半まで眠りました。

 

 

起きてスマホを確認すると、また前夫からメールが来てました。

 

 

「こんにちは
○○(長男)は堺市の採用試験今年は受験せず、来年受験するそうです。
と言う事は、今年も卒業できないと言う事でしょうか?」

 

 

私に聞いてどうするん?って話です。

 

 

つい、数日前も「堺市の採用試験終わったけど、○○(長男)は受けたんかな?」とメールが来て、「本人に直接聞いたら?」と送ったばかりです。

 

 

 

何故ひとつ屋根の下に暮らしながら子供と向き合えないのでしょうか。

 

 

私にメールしてくるのがおかしいです。

 

 

嫌気がさしてスルーしてます。

 

 

 

過去記事にも書きましたが、離婚前の別居中、何十通と言う執拗なメール攻撃に少しでも返信が遅れると脅してきた前夫。

 

 

いまだにフラッシュバックして恐怖さえ感じます。

 

 

娘は「またメルマガ来たわ位に思ってスルーしいや。」と言います。

 

 

離婚して私は自由。

もう恐怖を感じる必要はありません。

 

 

しかし、苦しめられた恐怖はいまだに消えないのです。

 

 

主人が守ってくれている。

前夫とはもう他人。

とやかく言われる筋合いはない。

 

 

そう言い聞かせて強くなろう。

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村