鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

支配されてた時の苦しさ

今日も遅起き。12時半起床。

 

 

主人が仕事に行ってるのに寝てるなんてと罪悪感いっぱい。

 

 

主人は「薬も飲んでるんやし、病気なんやから寝てていいねん。昔のことは忘れて寝たいだけ寝ぇや。」と言ってくれます。

 

 

 

昔から(幼いとき)睡眠に対して母から支配されていました。

 

睡眠だけじゃないですが。

 

それは母と同居するようになってからも変わらず、休日だからと言って、ゆっくり休ませてもらうことはできませんでした。

 

 

それプラス宗教団体に入信していたので、教義なるものを前に出してきて、「○○様方は(その教えを開いた教祖様方)夜も眠らず私たちの為に修行をしてくれたんやから、もったいない。」と口癖の様に言ってましたね。

 

 

朝夕の読経に、冬は一定期間、朝の4時頃から起きて教祖様の修行の一端を辿る水行をしたり。

 

 

洗脳って怖いと今になって思います。

しばらくは、罰が当たるんじゃないかとか今まで一緒に活動してきた人に何と思われるかなとか、様々なことが頭をよぎりました。

 

 

主人のおかげで、その宗教から抜けることができました。

 

ネットでも元信者さんの書き込みを読んで勇気をもらったり。

 

 

 

 

母は普段自分は昼寝するけど、私が寝ていると「起きや。」と言って起こしにくる。

 

 

爪でドアをカツカツと鳴らされるとビクッとする。

「いつまで寝てるん?起きや!」

 

 

 

一通りの家事が終わってもホッと一息つく暇も与えられず、何かしら体を動かしていなくてはならなかった。

 

 

好きな煙草も認めてもらえず、買い物に出かけた時にだけ吸ってました。

 

 

いい年して母親の言いなりです。

 

 

大人になっても逆らうことはできずに苦しかったな。

 

 

私はACです。

パニック発作もありますし、前夫からのDVのトラウマからもいまだに解放されてはいません。鬱でもあります。

 

 

主人は「もう、mashanは誰からも支配されることはないんやで。僕がついてるから。」

 

 

 

 

今は眠いときに眠れるし、“支配されること”がなくなったので、ありがたいなぁと感じています。

 

 

 

主人と出会って私は幸せです。

 

 

あとは生きづらさを克服したいけど、これが今のところ精一杯かな。

それと悪夢からも解放されたい。

 

 


にほんブログ村