鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

韓国語で三行日記

昨日は韓国語教室の日でした。

 

 

久しぶりの先生でしたので、最初は少し緊張しましたが、そんなことも気にならない位の導入でした。

 

 

先生もBTSが好きで話が盛り上がります。

 

 

メンバーのことを使って習った文法で話してみる。

笑いが絶えません。

嬉しかったのは「ペアレッスンで、ここまで進んでるのは早い方ですよ。」って言って頂いたこと。

 

 

私は娘と違って単語の覚えも遅いし忘れていくし。(笑)

 

 

レッスン後、いつも通りコメダ珈琲店へ行き、お昼ご飯しました。

 

 

フィッシュバーガーを半分こ。

娘はホットココア

 


f:id:amgmc:20190904232227j:image

私はいつも通り加糖アイスミルクティー

 

 

二人で「いつの日か話せるようになるかなぁ?」

 

「それはまだ見えてけぇへんね。」等話していて、お互いに三行日記を韓国語で書くことにしました。

 

 

私も娘も普段は引きこもりなので、「書くこと限られてるよね~」なんて言って笑いました。

 

 

娘はその後、夫くんと待ち合わせしてデートです。

 

 

私はお店を出てすぐに帰りました。

 

 

帰ってすぐ雲行きが怪しくなって雨と共に雷が鳴り始めました。

 

 

雷が大の苦手な私は(普通じゃない位)即ウォークマンを着けて音楽聴きながら復習と予習してました。

 


f:id:amgmc:20190904233435j:image

 

そうしているうちに早出の主人が帰ってきました。

 

 

「雷大丈夫やったか?」

 

 

「うん。ウォークマンしてたから。ありがとう。」

 

 

夕御飯を二人で作って熱々食べました。

 

 

ゆっくりしているうちに主人はソファでスヤスヤ。

 

 

その間にシャワーを済ませ、何事もなかったように自分のソファに座っていると、主人が目を覚ましました。

 

 

「シャワーしておいでよ。」

 

 

「えっ?mashanは?」

 

 

「もう済んだよ。」

 

「うそっ!」

 

「うそちゃう。Tシャツもリラコもさっきのと違うやろ?」

 

 

と言っても全く気づかない主人。

(いつもTシャツにリラコだし、柄にはまったく興味なしの主人。)(笑)

 

 

で、主人もシャワー済ませて二人でテレビ見ながら(私はテレビは苦手なんですが)主人が淹れてくれた珈琲を飲む。

 

 

私はこの時間が一番好きです。

 

 

 

 


にほんブログ村