鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

精神科受診だけど楽しかったって

昨日、娘から電話があって、「今からセブチのアルバム取りにけぇへん?」

 

 

 

外に出たくないしなぁ。

でもせっかく言ってくれてるし車なら大丈夫か。

 

 

「行くわ。」

 

 

このアルバムは夫くんが買ってくれたものです。

 

 

メンバーのカードやシールなど誰のが入っているかわからない。

 

 

封を開ける楽しみを娘がくれました。

 

 

私の好きなジョシュアくんのカードが入ってました。

嬉しい!

 

 

 


f:id:amgmc:20191004152135j:image

 


f:id:amgmc:20191004152514j:image

 

 

今日は二人の精神科受診の日です。

 

 

仙人先生からは「お母さんに対しての感情が柔らかくなったのなら、もっとそれ以上に自分を大事に、これでいいんだよって許して背中をさする優しさを持って下さいね。でないと、あなたがかわいそうすぎますよ。」と言われました。

 

 

幼い頃からのトラウマ、PTSDがキツいみたいです。

 

 

自分を許して自分に優しくする。

難しいな。

自分では優しくし過ぎてダメなんだと責めてしまうから。

 

 

でもやってみよう。っと。

今月から院内処方だったのが、院外処方に移行していくとのこと。

 

今回は院内でもらえましたが来月からは同じビル内にある薬局で受けとることにしました。

 

 

内科の薬をもらっているかかりつけ薬局だと診察が終わってすぐに帰ったとしても閉まってしまいます。

 

 

私は自立支援医療を受けてますので、薬局が決まったら区役所に届けないといけないので、また主人についていってもらいます。

こういうことが一人でできないんです。

情けないですけど。

 

 

 

 

そして今月の髪の毛カットはだんじり祭りの為、お店が休みで来月に。

 

 

いつもはバイトの長男が休みを取ったので、長男を迎えに行って四人で帰ってきました。

 

 

長男は娘にいじめられるから嫌がってます。(笑)

 

 

 

昨日も前夫からメールが来ました。

「今、二色浜駅付近で猿が2匹🐒🐒徘徊してるみたいです😅」

 

 

知らんがな。

 

 

この一、二週間で何回猿のメールしてきてるねん。

それしかないのか。

しかも私に送ってくる理由がわかりません。

その猿と一緒に暮らしとけ。と思ってしまいます。

 

 

 

精神科の仙人先生からは「どうせ返信しないのなら、いっそメールそのものを開かないようにしたらどうですか?」と言われましたが、長男、次男に関わることかも知れないし開けない選択肢はないのです。と言うことと、やはりまだ恐怖があります。と伝えました。

まぁそこは少しずつ。と言うことで。

 

 

 

 

お昼はドトールで軽く。

 


f:id:amgmc:20191005182043j:image

 

娘はタピオカ黒糖ミルク。

 


f:id:amgmc:20191005182118j:image

 

四人で母の面会に行きました。

孫(娘と長男)と会えて嬉しそうでした。

次男にも会いたがっていました。

前に一度行ってあげてと言ったのですが、今はその余裕がないみたいです。(気持ちの)

 

 

 

昨日から長男が「丸亀製麺行きたい。」と言っていたので北花田イオンモール内のお店に行きました。

娘もカニかま天ぷらがあって大喜び。

 

 

私は無印良品生成りコットン(主人用)二つと物干し竿用のピンチを購入。

 

 

無印良品は見ているだけで楽しくなります。

今度は主人と二人の時にゆっくり見て回ろうと思います。

 

 

 

後、スーパーで食材とお菓子とアイスクリーム購入。

 


f:id:amgmc:20191005183316j:image

 


f:id:amgmc:20191005183327j:image

 

 

ダイエット中なので、食べるタイミングを考えないと。

 

 

薬の仕分けは長男がしてくれました。

母がまだ実家にいるときも、ずっと長男が仕分けして管理してくれてたなぁ。

 

 

長男がいなければ母は滅茶苦茶に服用してたでしょう。

 

 

ほんま、ありがとう。

 

 

精神科受診の日でしたが、四人揃って嬉しさいっぱい。

 

 

でも明日はきっと眠り続けると言う。(笑)

 

 

主人にも娘にも長男にもありがとう。

 

 

 


にほんブログ村