鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

面会とYELLの会

昨日、次男が母の面会に行ってくれました。

 

 

母は大喜び。

自分の手を次男に差し出すと、次男は優しく握り返してくれました。

「おばあの手、ぬくい(温かい)な。」

 

 

終始穏やかな顔で接してくれました。

 

 

「昔の(病が発症して滅茶苦茶な時)おばあじゃないな。穏やかになってる。」

 

 

その後、いつも行く泉北のカフェパキーラへ行きました。

 

次男はドライカレー、高菜ピラフ、明太子クリームパスタを平らげました。

 

 

びっくり!

 

 

晩ごはんを用意している前夫の機嫌を損ねないか心配しましたが、次男はそんなことはお構い無し。

 

 

次男を送っていったら前夫が「お好み焼きで良かったら食べていく?」

 

「ありがとう。でもこの後予定があるからいいわ。」

 

 

心臓バクバクしました。

怖さが抜けていない証です。

 

 

そしてYELLの会。

 

 

一次会から盛り上がる盛り上がる。

 

 

二次会のカラオケもわちゃわちゃです。

 

 

皆さん、主人の校長時代の話や、現在、その学校の校長になっている、かつての生徒指導の先生や長男の時の学年主任(今は他校の教頭)や次男の時の体育の先生Kやら。

 

 

二名欠席でチョッと残念。

 

 

私はカラオケの時には聞き役に徹するのですが、歌え歌えと促され、コブクロ君という名の翼ユーミンのやさしさにつつまれたならを唄いました。

 

 

Kと浜田省吾の愛の世代の前にを。

 

 

最後にスタッフさんに集合写真を撮ってもらってお開き。

 

 

帰りに長男を迎えに行って、あびこにある五味八珍のラーメン食べて帰ってきました。

 

 

お風呂に入って洗濯して、寝たのは午前4時。

 

 

起きたのは16時。

 

 

12時間寝てしまいました。

いつもですけど。(笑)

 

 

とにかく楽しかったです。

 

 

主人が「久しぶりに○○(次男)と話せたのも良かったな。」と言ってくれました。

 

 

そうかもしれないなぁ。

 

 

 


にほんブログ村