鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

今日は気分の落ち込みはない

本日は9時起床。

 

遅出の主人を見送って再び布団へ。

 

 

長男が出ていったことも知らなかった。

 

 

12時半に目覚めて昨日の残りのカレーを少々食べました。

 

 

気分はそれほど落ち込んではいません。

風邪をひいたかも知れない娘の事が心配です。

明日の韓国語教室行けるかな?

 

 

昨日、主人に「私はオッパー(主人のこと)しか無理やと思う。」と言うと主人は「決まってるやん。mashanの相手は僕しか無理やと思うで。」

 

 

聞きようによっては、他の人なら鬱の私をもて余してしまうと言うように聞こえるかもしれません。

 

 

が、私にはとても安心する一言です。

懐が深いと言うか、本当に何もできない私を受け入れてくれてます。

 

 

私は主人に何ができるのか。

 

何もできていません。

 

 

でも主人はmashanが存在してくれてるだけで幸せだと言ってくれます。

 

 

何もできないけれど、できる範囲で明るく元気でいよう。

鬱と向き合いながら。

 

 

 


にほんブログ村