鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

眠ると悪夢

本日は昨日の反動で寝たり起きたりです。

 

 

 

いつものことなので、戸惑うこともありませんが。

 

 

どうしても眠い。

寝ると悪夢を見ます。

今回は、昔前夫と子供と住んでた警察の社宅(二個一で借りてました。)での出来事です。

 

 

山積みになった衣類を端から片付けているのですが、前夫が私と別れた経緯について愚痴を言うのです。

 

 

当然、わたしにも言い分はあるので精神的DV、言葉のDVについて恐怖だったことを伝えます。

 

 

しかし聞く耳持たずで、やはり自分の正当性を主張します。

 

 

「だから、ダメになったんや。もう無理。」

 

 

やっとのことで拒否を示すことができました。

 

 

夢の中で、まだこの人と一緒にいなければならないんだ、助けてオッパー(主人のこと)!

 

 

で、目覚めて現実は主人と共に共に暮らし、今は鬱病ではあるものの幸せなんだと実感。

 

 

夢の中では泣いていましたが、起きてみたら涙は出ていませんでした。

 

 

幼少期から現在に至るまでの事は過去記事に書きましたが、まだ私の中からは消えてはくれません。

 

 

仙人先生によると、それらがフラッシュバックしてPTSDになっていると。

 

 

外の景色が暗闇に包まれようとする時に恐怖はやってきます。

 

 

早く脱出したい。

 

 

でもうまく付き合って行くしかないんだな。

 

 

相撲見て楽しいこと考えよう。

 

 

 


にほんブログ村