鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

もっと気楽に過ごせたら

昨日、長男を迎えに行ったらまだバイトから帰って来ていなくて、車の中で相撲を見ながら待ってました。

 

 

千秋楽を待たずに白鵬の優勝が決まりました。

おめでとう!

 

 

前夫が洞川にごろごろ水を取りに行って、お土産に大川の串こんにゃく、きりこ、よもぎ餅をくれました。

 

 

離婚する前は私も行ってたし、近くの天川では家族で毎年キャンプをしたものです。

夏でも朝晩は寒い位でした。

今はごろごろ水を取りに一人で行ってるみたいです。

 

 

前夫が心筋梗塞で生死をさ迷ったのもキャンプ場です。

 

 

約一ヶ月にわたる入院中、1日も欠かさず堺市から奈良の橿原まで通って、朝から晩まで付き添いました。

 

 

でも、前夫は私の精神的な苦しみを理解せず追い込んできました。

 

 

それも過去のこととなりましたが、現在のような表向きでも穏やかにできるようになったのも全て主人のお陰です。

 

 

 

主人は私のトラウマに対して「もう怖いことはないんやで。mashanは奴(前夫)とは他人。一切何も言われる筋合いはないし、僕が守ってるから好きに過ごせばいいんやで。」と言ってくれることがどれほど心の重荷を取ってくれていることか。

 

 

 

まだまだ悪夢は見るし、母の家に前夫が住んでる限り何らかの関わりは絶つことはできませんが、今の幸せを大事にしていきたいと思ってます。

 

 

 

今日で相撲も終わるし明日からその時間をどう過ごそうか。

日の変化に順応できない私は悩みます。

もっと気楽に過ごせたらいいのに。

 

 

今日はジャパンカップを楽しみに。

 


にほんブログ村