鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

本年最後の精神科受診

本日は今年最後の精神科受診の日です。 

 

 

主人の運転で10時に娘宅へ迎えに行きました。

 

 

待合室は空いてました。

予約制ですが一時間待ちなんてざらです。

 

 

すぐに名前を呼ばれ診察室へ。

主人はお手洗いに行っていたので途中から同席。

 

 

前回の診察の時に先生と約束した、数秒でもいいからカーテンを開けてみる。新聞を取りに行く。

全くできませんでした。と話しました。

 

 

先生から“自分褒めノート”を作って下さい。と言われました。

何でもいい。

例えば“右手が動いた”“見が覚めた”でもいいんですよ。と。

 

 

昨日、徹底掃除と娘からもらったさつま芋を煮物にした。と話すと「そう!そんなことを書いていくんです。それを診察のときに見せてください。」と言われました。

 

 

どんな小さなことでもいいから書いてくださいね。って。

 

 

さっそく今日から実践します。

自己肯定感の低い私には大事なことなんですね。

 

 

主人からも先生に質問。

「無理矢理外に連れ出すのはいけないことですか?僕にしてみると、少しでも環境を変えてやりたいと思いまして。」   

 

 

 

それに対して先生は「正直なところ鬱の人に対してそれは微妙なんです。ただ、ご主人と一緒で少しでも気持ちが動いたら荒修業じゃないけど良い結果になることもあります。mashanさんは行った後どんな気持ちですか?」

 

 

「行く前は拒否し続けるんですけど、行って良かった。ありがとう。と思うこともあります。ただ後に寝込んでしまうのですが。」

 

 

「それなら拒否しても行ってみても良いかもしれませんね。」と言うことでした。

 

 

次は娘の診察。

 

 

待合室で待ってると時々先生の笑い声が聞こえます。

 

 

娘も客観的に自分を見られてるようで、よい傾向のようです。

 

 

薬局で薬を受け取り、髪の毛カットしてもらって泉北のカフェへ行きましたが、ご飯がなくなったのでパスタかサンドイッチしかできない。と言われ、そこではお茶だけして出ました。

ドライカレー食べたかったなぁ。

 

 

その後イトーヨーカドーでしめ縄買って、フードコートでうどんを食べました。

 

 

 

イトーヨーカドーの出入り口付近に色々なパンが並べられていたので数種類購入。

見たら食べたくなるいやしんぼです。(笑)

 

 

娘にたい焼き買ってもらいました。

「喉通るかな?」って言ったら「悪口言うな。」って怒られました。(笑)

 

 

 

帰りの道中、娘が私が前夫と婚姻関係にあるときから異常行動をしていたと言う話をしてました。

 

顔に毛が生えてきて止まらない。剃っても剃っても生えてくると言ってカミソリを顔にあてて剃ってたそうです。

 

 

娘は自分も落ち着かせながら私の背中をさすり、そんなことはないから。生えてはきてないから大丈夫。大丈夫。とカミソリをこっそり隠したと言います。

 

 

記憶が欠落しています。まったく覚えていません。

 

 

当時は自分の母親がどうなってしまうのか不安だったと言います。

娘が大学一回生の頃でしょうか。

 

 

今思えば前夫と母からの精神的DVだったからなんだと思うと。

 

 

鬱病歴長いな。

 

 

でも今は主人に守られ、子どもたちとの良い関係性で落ち着いてると言えば落ち着いてるんだなと思います。

 

 

 

娘を送って帰ってきて、さっそく薬の仕分けをしました。

“褒めノート”に書くことができました。

 

 

 

 

 


にほんブログ村