鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

深夜まで起きてるので朝に起きられない

元旦は昼頃起きてきて主人と長男と共にお雑煮とおせちでお祝いしました。

 

 

お雑煮は下ごしらえしておいたので、後は主人が作ってくれました。

 

 

昔、祖父母に育てられていた時には、おせちを作るのを手伝って、朝早く起こされて揃ってお祝いをして(酢ごぼうが苦手で困った)お年玉もらって嬉しかったなぁ。

 

 

行事を大切にする祖父母だったので、年末のお餅つきもありました。

 

 

 

お雑煮は男性が作るものだと決まっていました。

 

 

 

獅子舞もありました。

頭をかじってもらうと良いと言うことでしたが、それが怖くて怖くて。

 

 

近所のおじさん、おばさんにもお年玉もらったり。

 

 

何に使ったのかは思い出せません。

 

 

母が入信していた宗教では恒例の行事があって、私も寒い中、水行なるものをしたことがあります。

我ながらよくやったなぁと思います。

 

 

今では主人と二人のお正月の過ごし方が定着していて、縛りはないので楽です。

 

 

夜に住吉大社に参拝してきました。

と言うより、主人が娘の指輪を探しに行こうと。

住吉大社にも電話して、遺失物が届いてないか尋ねてくれました。

 

 

残念ながら届いてないとのこと。

もし届いたら警察に届けるので、遺失物届けは出しといて下さい。と言われました。

 

 

 

主人の気持ちが嬉しかったです。

 

 

「ありがとう。」と言うと「mashanの頭の片隅に引っかかってるものを取り除いてあげたいし、娘の為でもあるしな。」と言う言葉をもらいました。

 

 

過去記事を読んで下さった方はご存知だと思いますが、主人と娘は血が繋がっていません。

 

 

前夫の子供でもありません。

 

私と一度目に結婚した人との間にできた娘です。

前夫と離婚した時に養子縁組を解消して、主人と養子縁組をしたのです。

 

 

 

主人と娘は本当の親子のようです。

娘も自分の父親は主人だと言ってます。

喧嘩もするし甘えるし。

親子の愛があります。

 

 

 

今日は夜に長男を送って行きます。

どうせ4日に来るのだから泊まっていればいいのに。

と思っていたら4日からバイトが始まるそうです。

 

 

次男は元旦から連勤。

 

 

娘は夫くんの母方祖父母宅(徳島)に行きました。

 

 

 

私は深夜にターミネーター3の放映があったので夜ふかし。

寝るよ。

 


にほんブログ村