鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

母が不憫。でも仕方ない。

昨日、結局娘が予約取ってくれて、その上、夫くんがごちそうしてくれました。

 

 

私達はこちらがお会計する予定で普段通り食べて、プラス体躯のデカイ大食いの長男も一緒。

 

 

今回、夫くんに甘えてごちそうになりました。 

ありがとうよ〜。

 

 

うちに帰ってから5人で話していた(ほとんど娘が)のですが姉が弟をいじめると言う子供みたいなやり取りに皆で爆笑。

 

 

娘は女王様です。(笑)

とても楽しい時間でした。

 

 

本日は母が耳鼻咽喉科受診の為、手術をしてもらった大学病院へ連れていきました。

 

 

11時40分の予約で全て終わったのが17時半。

疲れました。

待ち時間と、足がうまく運べない母(普段は車椅子使用)のお手洗いが大変です。

 

 

 

手術した方の耳からの出血は外側の引っかき傷ではなく、チューブが入っている中から出血してるとのこと。

聴力も回復せず、空気が通っていない状態だそうです。

もしかすると肉芽ができているかもしれないとも。

 

 

とにかく半年後に再度診察です。

それまでは綺麗に消毒して綿球を詰めておくと言う処置をしてください。とのことでした。

 

 

 

母は血流をよくするロトリガと言う薬を飲んてるのですが(私も飲んでます。)それを、出血がおさまるまで中止することが可能であれば止めてほしいとも言われました。

 

 

施設に送り届けたとき、看護師さんにそれらを伝え、補聴器外来で購入した電池とフィルターを渡してきました。

 

 

そんなこんなで昼食抜きのまま施設に帰った母。

さっそく晩ごはんを食べていました。

 

 

こんなに遅くなるなら晩ごはんを欠食にして母の好きなお寿司を食べに連れて行ってあげれば良かった。

 

 

看護師さんからのお話で、母が自分の居室を背にしてホールに向かって一人でご飯を食べています。

 

 

その理由を聞いて驚きました。

 

 

ある日のおやつの時間に、お菓子とお茶が出るのですが、隣のMさんがお茶が出る前にお菓子を先に食べたからと言う理由でMさんの手をつねったらしいです。

看護師さんがすぐに冷やして事なきを得たそうですが、危険行為なのでしぱらくは今のままの食事体形になるそうです。

 

 

勝気な母の性格と言葉がうまく出てこない分、先に手が出てしまった結末です。

 

 

Mさんごめんなさいね。

 

 

Mさんは言葉で母に攻撃するみたいです。

 

食べてる姿を見ると不憫ですが、それでも母の行為はいけません。

 

 

施設を後にして渋滞の中、主人が「腹減ったぁ。」

 

主人はきっちり三食食べないとダメな人です。

帰り道、びっくりドンキーへ行きました。

300グラムのチーズハンバーグ食べてました。(笑)

 

 

 

私は150グラムのパインバーグディッシュ。

 


f:id:amgmc:20200114201124j:image

 

店内全面禁煙だったので、食べたらすぐにお会計して出ました。

(長男には同じく300グラムでテイクアウト。)

 

 

 

またまた主人が「珈琲飲みたいな。ドーナツ買って帰ろ!」

 

 

 

イオンモールに寄って買いました。

ピエールエルメとコラボのドーナツはもちろん、定番のフレンチクルーラーポンデリング

 

 

今日はKALDIに寄りました。

ブラックコーヒーを頂きながら店内をウロウロ。

 

 

主人の好きなナッツとティムタム買いました。

 


f:id:amgmc:20200114202332j:image

 

家に着いたら長男が帰っていてお腹を空かせて待ってました。(長男は料理が得意で、作ろうと思えば作れるのですがテイクアウトすることを伝えていたので。)

 

 

 

3人でドーナツ食べて、もう少ししたら長男を実家に送って行きます。

 

 

大阪市から堺市を2往復。きついな。主人が。

私は最近ペーパーに近いので夜は運転控えてます。

 

 

明日はたぶん寝込んでしまいそう。

情けないけど。

 


 

でも母の為に動けて良かった。

主人にもありがとう。

 

 


にほんブログ村