鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

あらためて言われた事

昨夜、またまた前夫からメールが来ました。

 

政府からの定額給付金の中から次男が家計の足しにと数万くれました。と。

 

 

日頃、次男の不平不満を長男に、長男の不平不満を次男に、両方のことを私にと平気で言ってくるのに、こんなときだけ現金な。

 

 

暗に長男は何もしてくれないと言うことを知らせたいのでしょう。

 

 

もし、今度次男の不平不満をメールしてきたら、お金もらって喜んでいたのではないですか?と言ってやろう。

言えるかな…。いや、言ってやる。

 

 

心の底から嫌いです。

穏便なのは私が喧嘩腰ではないからです。

スルー。

 

 

 

 

本日は主人がお休みで、大学の講義の録画日です。

 

 

 

娘宅へ。

 

 

その前にいつものランチ。

 

 

娘に前夫からのメールについて、「しんどいのも恐怖なのもわかるけど、おかちゃんがしっかりと迷惑だと言うことを伝えなければならない。」とあらためて言われました。

 

 

その通り。

 

 

私は矛盾していると自分ではわかっています。

理不尽なことを前夫から言われると怒りが出ることも含めて。

前夫の気持ちのはけ口にされてることも。

 

 

ハッキリと迷惑だと言っても文句を言われる筋合いではないこともわかっています。

 

 

たから強くならなくちゃ。です。

 

このまま良い様にされてはいけません。

 

振り回されてるだけだから。

 

 

 

録画終わってスーパーで買い物して帰って来ました。

 

 

あとは義母と母が入所している施設にお中元を届けて長男を迎えに行きます。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村