鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

代わり映えしない日々

昨日、主人が帰ってきて階下のインターフォンを鳴らします。

 

 

「はーい!」

オートロックを解除。

 

 

「ただいま〜。」

 

 

いつもは「お帰りなさい。お疲れ様でした。ありがとう。」と言います。

 

 

が、しかし昨日は「よく帰って来れたね〜。」

(笑)

 

 

 

 

「ホンマごめん!くやしいなぁ!」

 

 

「確か『35分発走やから、パドック見て早めに電話してこいよー。』って言ったよね〜。2回電話したんですけどー。」

 

 

主人は買ってきたお寿司を私に見せて「これ、一緒に食べよ!なっ!mashan!」

 

 

 

酔っぱらいのオッサンが手土産にお寿司を買って帰ってくると言うコントを連想します。

 

 

 

普段から何かと家事もしてくれる主人ですが、普段以上に動いてくれます。

 

 

私が洗い物しようとしたら、「mashanは座っときって!美味しい珈琲入れるから。」

 

 

Kna’s Coffeeの中でも一番高価なハワイコナ100%の珈琲を淹れてくれたのでした。(笑)

 

 

長男が「もういじめたりなや!(笑)」と言うので、「〇〇(長男)に5万円あげてたよー?」と私。

 

 

「もう!〇〇(長男が主人を呼ぶときのニックネーム)しっかりしてやぁ。」

 

 

どっち付きやねん。(笑)

 

 

 

本当は私が怒っていないのを知ってる主人はいつも通り優しいです。

 

 

今日はお休みなので、道の駅しらとりの郷へ行きました。

 

 

ぱんろーどでモーニング。

 

 

あすかてくるでで野菜と果物とキノコとサイボシ購入。

 

 

本当に変化のない毎日だなぁと記していて思います。

 

 

心の波は激しく上下するんですけどね。

 

 

帰ってから、郵便局と銀行に行きました。

 

 

海相模と大阪桐蔭の試合でも見るかな。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村