鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

おたまじゃくしとスイーツと

 

 

 

 

私が小学2年生の時に母が突然家出をしていなくなり、父と二人の生活が始まりました。

 

 

父も夜勤のある仕事で、父のいない夜は私一人で寝て、翌日学校に行くと言うことがありました。

 

 

そんな時、おたまじゃくしを捕まえてきてバケツに入れて玄関に置いていました。

 

 

母がいなくて寂しさを紛らわす存在でした。

 

 

数日は元気にしていたのですが、飼い方もわからないまま、ただ取ってきただけでしたので、すぐに死んでしまいました。

 

 

後処理もできずにしばらく放置。

 

 

父も何も言わなかったと記憶しています。

 

 

私の自主的な行動を待っていたのかも。

そのあたりのことはわかりません。

 

 

暗い玄関におたまじゃくしの死骸があるので薄気味悪い気はしていましたが、どうして良いのかわからずで…。

 

 

枚方に住んでいたのですが、堺市から訪ねて来てくれた祖母と一緒に処理した気がします。

 

 

そこの記憶が飛んでいます。

 

 

かわいそうな事をしてしまいました。

 

 

 

小さいときには蝶や蝉、バッタ、カマキリ等捕まえたり人間として残酷な事をしてしまっていたりしますが、このことは私の心の傷になっています。

 

 

ごめんね。本当にごめんね。

 

 

話は変わって、今、LAWSONで鬼滅の刃のエコバッグが販売されていると言うので娘に連絡。

 

 

好きなキャラはないそうです。

 

そかそか。

 

 

で、娘からはLAWSONのスイーツ“もっちり何とか”(笑)が美味しいらしいです。

 

 

見た目どら焼き風で中にはクリームが入っているそう。

ハマって毎日食べてニキビまで作ったとか…。

“あんこが入っているのもあるから気をつけて”と。

(糖尿病なので。)

 

 

調べてみたら“どらもっち”かな?

また買ってみよー。

 

 


f:id:amgmc:20200825165732j:image

こちらはファミマの安納芋のクレープ。

美味しかったです。

スイーツは癒やしの一つで、やめられません。

適度にね。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村