鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

主人に任せてひとまず安心

昨日あったことを主人が帰ってきてから聞いてもらいました。

 

 

 

 

 

主人が叔父に電話してくれました。

 

 

私が精神疾患を患っていること、電話番号を前夫に聞いた理由の問い合わせ、今後は自分を通して欲しい旨。

 

 

特に理由はなかったようですが、いきなり主人からの電話で驚いたのかもしれません。

 

 

主人は自分の電話番号を知らせましょうか?と尋ねたところ、叔父は「大丈夫です。」と断ったみたいです。

 

 

着信拒否はしましたが、主人が間に入ってくれたことで無茶(実家に帰れ等々)は言わないと思います。

 

 

主人が電話を切ったあと、「もう大丈夫やから安心しろ。」と言ってくれました。

 

 

 

ひとまず安心。

 

 

 

しかし、母のこと、これっぽちも聞いて来なかったそうです。

 

 

皆、自分のこと(高齢なので)で精一杯なのでしょう。

 

 

なら、私の電話番号も必要なしでしょう。

 

 

 

気分がどんよりしていましたが、少しはホッとして文庫でも読みます。

 

 

明日は4週に一度の精神科受診です。

 

 

2月初旬に気持ちがどーんと落ち込んだことを話してみようと思います。

 

 

14日がバレンタインデーなので、次男と娘の夫くんには明日渡したいと思います。

 

 

主人と長男には当日。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 


にほんブログ村