鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

亡くなった人にはもう会えないのか…。

昨夜、母のすぐ下の妹(母は三姉妹の長女で叔母は15年前に癌で亡くなりました。)の夢を見ました。

 

 

叔母は私の子どもたち三人を自分の孫のようにかわいがってくれました。

 

 

自分にも二人の孫がいましたが、お嫁さんとの折り合いがあまり上手くいってなくて、そうそう会わせてもらえませんでした。

 

 

叔母を思うときに出てくる歌。

 

 

 

 

子どもたちが叔母に披露していた歌です。

 

 

 

その下の妹である叔母は自分だけが大切な人なので、母が施設に入所したことも知りません。

 

 

私に連絡してくることもありませんし。

 

 

 

まぁ、昔から母の絶対権力の下で嫌な思いもあったのでしょう。

 

 

 

その叔母の配偶者である叔父が亡くなったときには、主人と共にお通夜には参列しましたが…。

 

 

 

母もまだその時にはレビー小体型認知症にはなっていましたが、実家にいましたし、歩行もそれほど困難ではありませんでした。

 

 

その叔母の夢は全く見ないのに、すぐ下の叔母は夢によく出てきてくれます。

 

 

 

目覚めたときにはいつも涙が出ています。

 

 

叔母に会いたいです。

 

 

 

長男朝帰り。

 

 

主人が朝マック買ってきてくれて三人で食べました。

 

 

 

主人は今マラソン見てます。

 

 

私はもう一度寝たい感じ。

 

 

競馬のメインレースは見てまったりしたいと思います。

 

 

 

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村