鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

写経の夢なんて初めて

本日は長男のお迎えはなしで荷物だけ。

 

 

なので、早めに出ます。

 

 

 

金曜日の女 (祥伝社文庫)

金曜日の女 (祥伝社文庫)

  • 作者:笹沢左保
  • 発売日: 2018/10/12
  • メディア: 文庫
 

読了。★★

 

 

昨夜は遠い昔の韓国ドラマに夢中になり、気づいたら2時。

 

 

 

主人は朝から耳鼻咽喉科受診。

本当は難聴は治らないので、ふらつきを止めるお薬だけが欲しいのだけど、2ヶ月に一度は診察しないともらえないので行ってます。

 

 

 

その間私は爆睡。

 

 

 

主人が帰って来て11時半に起こされて近所の喫茶店へ行きランチしました。

 

 

 

その後、荷物を取りに行って買い物して帰宅。

 

 

 

〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜

 

 

警察待機宿舎のロッカーの中を空にしないといけなくて、階段を上る。

 

 

住まいは3階。

 

 

あー。引っ越ししたから中は空だったことに気づく。

 

 

 

商店街を抜けるとブースがあって、写経体験実施。

 

 

私は旧姓を縦長の短冊に書く。

 

 

右肩上がりで全体を見ると左に傾いた字になってる。

 

 

店主に見てもらったら、「これでも良し。心を込めて書いたのだからね。」

 

 

 

文鎮で押さえてその場を後にする。

 

 

これって無料???

 

 

だよね?

 

 

〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜

 

午前中に寝た分、ボチボチ家事します。

 

 

今日はブロマゼパムのお世話になりました。

リーマスで安定しているとは思うけど、少し鬱に入りそうな予感。

 

 

文庫に手が伸びない。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村