鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

自分に負けたくない気がして

昨日、たまらず仕事中の主人に電話しました。

 

 

 

「寝てたらえぇ。珈琲飲んで好きな文庫読んでもえぇ。自分が楽になることやったらえぇ。」

 

 

 

声を聴いて少し安心。

 

 

 

ホントに何もしてなかったのに文庫を手に取りました。

 

 

 

アンカー (集英社文庫)

アンカー (集英社文庫)

  • 作者:今野 敏
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: 文庫
 

読了。★★★

 

 

 

韓国語教室を休むだろうと思った主人が「行っといで。」

 

 

 

私が気が進まないことを無理強いする主人ではありません。

 

 

意味があるんだな。

 

 

お昼の電話では「あまりにしんどいなら休めよ。」

 

 

 

んー。

 

 

自分に負けたくない気がして行きました。

 

 

でも胃痛がひどくて不安。

 

 

ガスター10飲んで様子見。

 

 

行こう!

出発。

 

 

無理はせず、日本語と韓国語まぜこぜフリートークにしてもらいました。

 

 

日本語は全て韓国語に直して話します。

 

 

先生も鬱を経験していて今も鬱と戦っているので、私の気分の振りを理解してくださるので、ある面気が楽です。

 

 

行って良かった。

 

 

ご褒美に551の豚まんとちまきを購入。

 

 

主人が帰ってきたら食べよう。

 

 

〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜

 

 

体は猫、顔はネズミ。

 

 

私に向かって攻撃してくる。

 

 

肩、腕に食らいつく。

 

 

流れ作業のように体験型ゲームがあって、母の二人の妹夫婦と一緒に歩き進む。

 

 

出口に韓国コスメの口紅があって、パールピンクを塗ってみる。

 

 

似合わないな。

 

 

ポップコーン買って坂道を下っていく。

 

 

もう猫ネズミはいない。

 

 

〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜✧〜

 

 

 

鬱な私の日記でした。


にほんブログ村