鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

2018-01-22から1日間の記事一覧

たまにある。数行でさようなら。

いつ殺される (河出文庫) 作者: 楠田匡介 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/12/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 読み出してすぐに放棄しました。 病院に見舞いに行く場面で、見舞い人が病室でタバコを取り出して吸う。 国電…

夢でも現実でも受け止めなければならない事実。それが重くのしかかってくる。

今日は珍しく15時から18時前まで爆睡。 悪夢を見た。 母を連れて出かけるけれど、母の認知症が限界まできていて、商店の棚にあるジュースとチョコレートを子供のようにねだる。 抱え込んで離さない。 「どれか一つにしよう。」私が母に言う。 「嫌!全部。欲…